広島MP、福岡MPが佳境に……売上増実現のケースも……

[ 2010年03月06日 ]

2010.0302hirosima01.jpg

■広島MP、福岡MPが佳境に……売上増実現のケースも……

3月2日(火)は、朝イチのJALで広島空港に降りて広島入り。広島MP(マーケティングプランナー)講座の第3課題のスクーリングが1030から始まりました。

最初は、皆さんなんとなく企画立案に馴染めない状況もあるものの、第3課題になると、かなりいい感じで企画の質が高まってきますね。

もう売上増を果たしているケースも増えてきました。また成果が大きく出る前段階へ来ているケースも……

 

2010.0303hukuoka01.jpgというわけですから、朝から1800まで皆さんのケーススタディの発表は、充実感もあって一気に終わりました。

もちろんその後は、懇親会。こちらも盛り上がりました。

翌早朝に広島から福岡に移動し3月3日(水)は福岡MPです。

こちらも広島同様に売上増のケースも出てきて、大きく変化してきました。なかなかいい感じです。

第3課題では、マナー講座を一部取り入れました。その理由は、

 

2010.0303hukuoka02.jpg3M(Mission、Method、Manner&Mind)の一環です。

ミッションは、仕事に対する意思、使命感ですね。そしてメソッドは、このMP講座などでは売上増の方法論を学んで頂いていますが、メソッドそのものですね。

ところが、方法論ばかりだと問題が……左脳ばかりではダメ……というわけで、マナー&マインドが必要になります。これはPT(プロセスとツール)のT(ツール)を、ただ理論的に作ったところで、心が通ってなければ意味がない。

美容室などでは、なぜこの店にお客がきているか……を美容師と来店客の双方に聞いたアンケートがおもしろい。美容師は「技術がいいから…」がナンバーワン。しかし来店客は「感じがいいから…」といった心理的なものがナンバーワン。そして技術は、4,5番目。……ってなギャップがあります。

歯科医院でも似たようなケースが……つまり来店客は、感じがいい、雰囲気がいい、身持ちよく来店できる……ということが最大の来店動機になっているのに、サービス側とのギャップがある。こうした点がマナー&マインドです。

このマナー&マインドを欠くとビジネスは、ほとんど通じません。高額商品の販売や高級店、ブランドショップ、高級旅館やホテルでは、このマナー&マインドが欠けると一気に売上が落ちますね。

PT(プロセスとツール)のT(ツール)には、この味付けが非常に重要なのです。

この3M、そしてマナー&マインドの重要性については、またお話しましょう。