飛騨高山でMP講座が開催

[ 2010年09月06日 ]

2010.0727hidatakayamaMP02.jpg■飛騨高山でMP講座が開催されます

飛騨高山といえば、ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」で必見の観光地として3ツ星を獲得している世界的に有名な一大観光地で小京都とも称されます。産業では観光に次いで木工。飛騨の家具で有名な家具の産地ですね。

地理的には、非常に独立した地域にあり、最近でこそ交通の便はよくなったものの、富山からも岐阜からも、けっこう遠い地域で独立した感がありますね。

岐阜県に属しているものの、江戸時代は天領で高山代官所が設置され、代官支配のエリアでした。版籍奉還で比打鍵になったり、信濃に属したりいろいろあった後に、岐阜県になります。

ま、そのくらいエリア特性があるということですね。

さてさて

この人口10万人に満たないエリアでMP講座が開催されるのは初めてのことです。

MP講座の基本的な考え方、CTPTマーケティングは、こうした小さなエリアこそ向いています。なにしろマイクロマーケティングが基本ですからね。

こうして、はじめて高山でMPが開催される、その最初の講演に言ってきました。9月3日(金)のことです。

積極的に推進いただいているのは、有限会社大六印刷(保谷社長)、そしてその関連会社のムーブフォーエイトです。

MP講座は9月27日(月)からはじまりますが、もう受講生の方々も増えていて、これはなかなか楽しいMP講座になりそうです。

MP講座は、全国開催が、これからあちこちで増えていく状況にあり、企画塾が地方の活性化……などといってたのは、以前は空騒ぎ的に思われていたかもしれませんが、地方の同時開催が非常に多くなる状況の、大きな大一歩が高山MPという感じですね。

街は非常にきれいで驚くほど。

打ち上げで、ちょっとスナックに行きホテルまでの帰り道の5~10分程度の間の道路に、ゴミひとつ落ちていない……これは驚きでした!

タバコの吸殻のひとかけらさえ落ちていないのです。

すごい観光地にこれからなる可能性を秘めてますね。

楽しみです。